前へ
次へ

故人の年齢によって変わってくる葬儀

悲しいことに生後すぐに逝去をしてしまう子どももいます。
その場合、葬儀もシンプルで家族のみで執り行うということも多いです。
葬儀を執り行わないと親もけじめをつけることができなくなってしまうので、積極的に葬儀は執り行ったほうがよいようです。
子どもの葬儀の場合には好きだったものを置いたり、おもちゃやお菓子を棺に納めるということもあります。
また祭壇に飾る花の種類も一般的な菊を中心にしたものではなく、もっと違うものにすることができます。
葬儀会社に相談をしてどういう花を飾るのか相談をしてみるのもよいでしょう。
葬儀でありながらその子らしさを演出することができるように手配をしてくれる葬儀会社もあります。
子どもを失った親の悲しみはとても深く、火葬をしたくないという親も多いです。
後悔しないようにしっかりと見送ってあげることが大切になってくるので、子どもらしい葬儀にしてあげることも必要になってくるのかもしれません。

Page Top