前へ
次へ

近年増加をしている葬式の形態はどんな感じか

昔の葬式というとかなり規模も大きく、盛大に執り行うということが多かったです。
しかし最近ではよりシンプルなものにしたいと考えている人が増加をしています。
参列者も故人と直接的な面識がない人はお断りをすることがあります。
遺族の関係者だからという理由で参列をすることもありましたが、今は故人のことを知らないのに参列をしてもらうのは申し訳ないという気持ちになってしまい、その結果家族葬を選択する場合が増加をしています。
そのほうがコストも抑えることができますし、直接関係のない人にも迷惑をかけることがありません。
お別れをしたいと考えている人だけ参列をすればよいという考えが広まってきています。
また宗教に捉われずに自由な形式で葬儀を執り行う場合も増えてきています。
菩提寺を持たない家庭が増加をしているので、葬儀の時だけ依頼をすることに抵抗がある場合が多いです。
ですから宗教に捉われない形式を取る場合も増加しています。

Page Top